毎日メモ

くるりんの気まぐれ日記(最新版)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小旅行記?

★2日目
この日は愚息が居ないので心成しかホッとしまして、くりるん宅で寛いだ訳です。しかし、大阪の道路は狭いうえに複雑!左へ行こうと思って最左列に居たら、突然左へ行く車は最右列に並べって…無理だわさ!

普段行けない遠くの店まで大阪の義息?の車を借りて食料品を買出しに行ったら、駐車場が狭くて5台ぐらいしか停められないの。しかも、その5台の為だけに駐車場係員が居る…お世話になりましたぁ。

これまでの人生、何となくクラシックが好きで来ましたが、本当に好きなんだ!と強烈に感じたのは2度しかありません。(生のコンサートは、強烈と言うより至福の時間です。)

1度目は、傷心で故郷に戻った時、クラシック以外の全ての音に対して拒絶反応を起こし、一般のラジオ・テレビは勿論、スーパーなどで流れている曲(有線か?)も許せなくなりました。その時、クラシック好きを改めて自覚したのです。

そして2度目は、今回。くりるんのリスニングルーム(部屋中レコード、CD、テープ…だらけ!)で、名曲喫茶さながらの?大きなスピーカー(決してオーディオマニアではありません、スピーカー自体は中型だそうで…)で色々聴いた時…。

そもそもくりるんとは、音楽が直接的な因で一緒になった訳ではないので、これまた改めて同じ趣味を持っていた事に感激、嗚呼〜これで誰にも気兼ねせず、好きなものを生涯かけて聴けるのだ…という安堵と同時に、クラシックが好きで本当に良かった!と心底思えたのです。老後に乾杯!? つづく…
スポンサーサイト

小旅行記?

その前に、本日は三越デパートの地下にある「菓遊庵」なる所へ行き、関西銘菓?を買い求めました。その理由は、今日から書く小旅行記の最終日を見れば判る事になっております。

三越さんの駐車場、土日だけあって待ち時間が長かった訳ですが、驚き!列で待っていたら係員の方がみえて、窓を開けて〜と。何ごとかと思ったら、「どうぞ」と皆に冷えた乳酸飲料を配っているではありませんか、ちょっと感激。

更に珍しいタイプの駐車場、立体は立体ですが自力で坂道を登るのではなく、機械が車を上げてくれるのでもなく、車ごと(同乗者も)エレベーターで上に上がり、指定された階のパーキングに自分で入れるのです。

↑20年前の事をすっかり忘れておりましたが、そういえばそうだったなぁ…と。では、小旅行記に移ります。

★1日目
今回は珍しく伊丹空港を選び、折角だから…と箕面へ紅葉を観に行ったのですが、いまいち紅葉しておらず。でも、箕面公園って何よ?と登り始めました。くりるん曰く、滝まで行ったら猿が見れるかも。いき楓さんに曰く、猿にご注意!?

滝どころか、少し登ったら妙に渋滞。なに?えっ?<font size=5 color="#ff9900">猿だらけ</font>ではありませんか。まるで阿蘇の草千里の牛の様に、車道を我が物顔で偉そうに歩いているのです。

天然記念物だそうで、轢くわけにゃいかんし、退く気配もなく参りました。逆に襲われぬ様、窓を閉めて防備したのです。キャッ!

次は紅葉の天ぷら。阪急の箕面駅前で作り売りしており、私は本当の天ぷら(ご家庭で揚げるor天ぷら屋にある)だと思ったらさに非ず。(西日本の1部では薩摩揚げを天ぷら…と呼びますが)最も近い食べ物としては、かりん糖でしょう…。

ありゃ、2袋買ったのに間違ってくりるんの分も持ち帰って来てしまったぁ、許せよ。 つづく…

短旅最終日

今日は雨になるかも? お菓子はナシオ、道案内はカーナビ、映画はナビオ!? 暇つぶしに?陰陽師2でも観るかぁ…

き、き、帰宅しました〜! 色々と不測の事態が起こりまして…それは後日報告いたしますわ。(苦笑)

紅葉っていない京都

昨日は、複雑怪奇な大阪の道路事情に閉口しまして、今日は阪急淡路に車を置いて京都へ…。夜は某神社で、絵本「ごくらくらくご」の文我師匠の落語を…。

だら〜り

本日は、くりるん宅で、だら〜っと過ごしております。あっでも、生協へ買い物にも行かなきゃ!

大阪〜!

今回は伊丹着、まず練炭カーを借りて、箕面へ紅葉の天麩羅を食べに行きま〜す。

ゆずごしょう

昨夜の、肉うどんの続編を少し。
?あれを読んで誰か1人ぐらい今日肉うどんを作って食べるかも…と思ったら、案の定食べた人が居た。その名もくりるん!

?ウチの年寄りの1人に大変不評で、讃岐うどんは大嫌いだ!安いゆでうどんor給食のソフトめんが良い…と、今日まで文句を言われ続けた。そう思い、昨夜はかなり時間をかけて煮込んだのだが、あれより柔らかくするには24時間浸けておくしかないわい、2度と作るもんか!

さて、昨日登場した柚子唐辛子だが、読んで字の如く、唐辛子に柚子の皮を乾燥させたものが刻んで入っている。では同じく九州名物「柚子胡椒」とは何ぞや?

胡椒と言うと、あの普通の塩コショーのコショーを連想されるだろうが、何故かそうではない。以前同居していた、お年寄り(親でも姑でもなく身寄りの無いお婆さん)が作ってくれたので、材料を説明しよう。

まず柚子の皮、次が問題…赤ではなく青い唐辛子!これらをすり鉢でゴリゴリと砕く、重労働である。それに塩を混ぜて、出来上がり。これは瓶に詰められて売っている、九州ではよく見かけたが、北海道で探すのはかなり苦労した。

最初は九州物産展で見つけたが、そのうち某業務用食材屋さんで発見した。この辛〜いのを耳掻き1杯、味噌汁や麺類や鍋物に入れて食すのだ。これは病みつきになるぞ〜。

※ところで、明日火曜から金曜迄また愚息の用事で関西に行きます、私は単なるオマケ。生存情報を、携帯からここに書き込む予定です。だじゃれ館と掲示板も携帯から読み書き出来ますので、どうぞ宜しく!

 | ホーム |  »

プロフィール

くるりん

Author:くるりん
毎日メモしていました(過去形/笑)。クラシック・落語・ラーメン・串かつ・柴犬などを好みます。困った事に自分は自己免疫疾患(難病)、息子には発達障害。

カレンダー

10 | 2003/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

2017年 (6)
2016年 (13)
2015年 (12)
2014年 (13)
2013年 (16)
2012年 (40)
2011年 (280)
2010年 (236)
2009年 (358)
2008年 (366)
2007年 (356)
2006年 (367)
2005年 (369)
2004年 (366)
2003年 (140)
未分類 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QR

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。