毎日メモ

くるりんの気まぐれ日記(最新版)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せなひと時

昨夜は台風21号の中、いずみホールへ行きました。大阪はそんなに被害は無かったのですよ、三重県の方々はお気の毒でした…。家を出てから会場へ着くまで、雨無し。夜8時半ごろ大阪に上陸したそうですが、その時は会場で音楽を聴いておりつゆ知らず。終了後は、やや雨が降っていたものの風も強くなく普通に運転して帰宅できました。

さてコンサートですが、管理人的には最高の組み合わせ!ザボン系指揮者?!下野氏と我が愛するセンチュリー。今回の企画はホール主催で、大阪・京都の5つのプロオケでチャイコフスキーを聴かそう…というもの。もし、5つの内1つだけ選べと言われたら、迷わずセンチュリーを取ります。しかも中身は、下野氏&「冬の日の幻想」(チャイコの1番)、美味し過ぎです。

冬の日の幻想にはちょっと思い入れがありまして…、北海道の雪、大粒の塊でゆっくり落ちてくるボタン雪、しんしんと音も無く降る雪、それらがあの曲にはピッタリなのです。もちろん吹雪や、積もった雪がキラキラ光る晴れの日も曲の中にはあります。幻想的な雪国の冬…ロシアのチャイコフスキーならではですね。(演歌っぽくてダサい…という意見もありますが/笑)

そして、イタリア奇想曲、ピアノ協奏曲1番。センチュリーの音は本当に好みです、弦は言うまでもなく、最近はオーボエやファゴットなどの木管群やホルンをはじめとする金管群も…。それらを上手〜く纏めて更に良さを引き出すザボン氏は、札響で拝見して以来のお気に入りです。決して自分ではなく楽員を引き立たせ、終いには作曲家のお蔭でもありますとのジェスチャー(*^^*)

アンコールは、チャイコのピアノ曲「四季−12の性格的描写」から10月「秋の歌」のオケ版でしたが、とても良い感じでした♪
スポンサーサイト

絵を鑑賞する

2度目の神戸、市立博物館へ過日やっと行けました。行きは高速、帰りは一般道で…結構遠かった〜。前も書きましたがお洒落な神戸、外から見ただけでは何屋さんだか判らないのが特徴で、大阪のように露骨にハッキリ書いていません。

さて今回の展示会は、ウィーン美術史美術館(くりるんは行ったそうな)から借りた16・17世紀のオランダとフランドル(ベルギーの北半分)の絵画が主でした。ブリューゲル、ルーベンス、ファン・ダイク、レンブラント、フェルメールなど…。

もう開催されてから2ヶ月以上経つのに、平日でも大盛況!何たる混み具合、びっくりしました。管理人のようにフェルメールがお目当てかな? よく調べなかった安易な管理人は、「青いターバンの女」というのは嘘で、正確には「真珠の耳飾りの女」と言う…や、「牛乳を注ぐ女」などが見られると勘違いしていましたが、フェルメールは「画家のアトリエ」1枚だけでした。

それでも、等身大以上の大キャンバスに描かれたものや、まるで写真のような絵画…こんな精巧なものが16・17世紀に描かれたとは!というものも多々ありました。アブラハム・テニールスの「猿の床屋に猫の客」なんてのも面白く見れました。

そして柴犬好きとしては、西洋画に柴犬は登場しないねぇ〜などと言いながら(当たり前や〜)、出口でヤン・ブリューゲル(父)の「動物の習作(犬)」のクリアファイルを衝動買いしてしまったのです(≧▽≦)))♪
<img src="http://www5f.biglobe.ne.jp/~kuru_rin/dogfile.jpg">

バンド?ベルト?

愛用している犬印(妊婦さんの腹帯ではありません、某スヌ○ピー)の腕時計(¥1980)のバンドがバラキレフ…バラけて切れました。時計なら携帯に付いているではないか?と言われますが、運転中に腕を見る癖が…。

バンドだけ買い替えようと時計屋さんに入ったら、何と2500〜4000円!本体よりバンドが高価なんて変ですよね、その店は諦めました。では、もう1つだけ腕時計(¥1000)を持っているので(少なっ!)それを使おうと思ったら、今度は電池が切れていたので1000円で電池交換しました、本体価格と同じじゃん。

そしてその時計を腕にはめた途端…その時計のベルトもバラけて切れたのです(>_<) ベルトの無い時計が2つ…惨めですわ。高価な時計が嫌いと言うか、気に入った時計が単に安いと言うか、だからベルトが切れる訳ではなく、皮または合成皮は毎日酷使していると必ずいつかは切れます。

以前、どこかで1000円以下のベルトを見たんだけどなぁ…。気に入ったものを長く使おうと思えば予想外の経費がかかり、丸ごと買い換えた方が安いだなんて、悲しい時代になったもんですね。

スタートす。

行ってまいりました、芸歴25周年記念「桂文我独演会」全国25公演の初日へ。

開口一番は、桂文枝師匠の18番目のお弟子さんの桂つく枝さんで「祝いのし」、熨斗(のし)はアワビで出来ていたのよ〜ご存知でした?噺家さんの笑顔は、お客さんをも幸せにします。

次は、お待ちかね文我さんで「猫の災難」。イシハラホールはそもそもクラシック音楽ホールですが、お囃子も声もお客さんの笑いも響くこと!氏のよく通る声が響き渡ると…やはり幸せに満たされます。鯛のお造り…どこへ消えたんでしょうね?(^皿^)

次もお待ちかね桂米平さんの立体紙芝居で城下町のシャンデリア…もとい、「Cinderella」。噺家さんの余芸との事ですが、全て手作りでお見事!立体紙芝居は、図書でも随分やりましたねぇ〜でもオバサンがするのと噺家さんがするのでは笑いが全然違〜う、とても楽しめました。

そして、文我さんの「愛宕山」。愛宕山というと宮沢賢治と関係のある漫画家「ますむらひろし」さんの「アタゴール」を思い浮かべ、岩手の山か?と思えばそれは米沢の山だそうで。かと思えば千葉をはじめ全国各地に愛宕山はあります。でも落語では、絶対に京都なのです。菜の花の季節…おべんと持って山登り、カワラケ投げ…う〜ん、良いなぁ。

中入りは、すももの花さんの旦那様を訪ねて三千里!?何と我々の2つ前にお座りでして、ちょっとご挨拶をばいたしました。この時点で既に2時間経過、落語はクラシックコンサートとは違い3時間かかります。

最後は、文我さんで「浮かれの屑より」。舞いや浄瑠璃が出てくるのでお得意のネタと思われますが、これを演じられる噺家さんは限られるでしょうね〜。お見事でした、つられて一緒に…あ、ひょい、ひょい♪(←踊っているつもり)

そしてラストに管理人が感動したのは、始めて見聞きする「大阪締め」でした。東日本の三本締めとは違い、♪打ちま〜しょぉ(しゃん、しゃん)もひとつ、せぇ(しゃん、しゃん)祝うて三度ぉ(しゃしゃん〈一拍開けて〉しゃん)♪となるのですが、全25公演の門出を祝うような、文我さんの意気込みも感じられ、大阪ってええな〜、落語ってええなぁ、是非頑張っていただきたい!という気持で一杯になったのです。成功を祈る…応援団の一員より

やや続き…

そうそう旧携帯の、大事な文書(消したくないメール)は全てパソコンに移した。アドレス帳のデータも、ショップでデータを移した以外のメモ部分を、せっせこ手動で移した。

おや?新携帯には、今までのようにメールでメモリ機能が付いていないのだろうか?あれ、結構便利だったのになぁ〜。何かと言うと、携帯のアドレス帳をパソコンに転送できる機能、万一携帯を紛失・水没させてもデータがパソコンに残せるのだ(印刷も出来る)。

まぁ、印刷する前にパソコンが潰れたら終いだが…。最近我が家では、「食べたら終いやな〜♪」ってな言葉が流行っている。美味しいものも、食べてしまったらお終いさ〜というニュアンス。

いやいや、その考えはいかん、美味しかったね〜感謝、感謝…に発想を切り替えようってな話もある。まぁ、今日も笑ってきますわ、だから早めに無意味なアップ!?極楽落語(^0^)ノ

やっぱ音楽

新しい携帯に、初めて迷惑メールなるものがきた。これがこなくちゃ1人前でないよね?!それが何と、正しい関西弁の誘惑メールだった。あたしゃ「俺」という言葉が嫌いだ、その辺を北海道弁で書いてやろうかと思ったがアホらしいのでやめた。

古い携帯は、いよいよ今月一杯で廃止する。それに先立ち、クラシックの着メロをもう少し取ろうと思いJ研なるところへアクセスした。月額300円で15曲ダウンロードできる事になっているのだが、クラシックだからか(著作権の関係で)取っても取っても無料で、まだ13曲も余っている。現在の持ち曲23曲、えっ何を取ったかって?それは企業秘密(笑)。

でも、もう要らんわ〜何故なら古い携帯は16和音で、欲しい曲は40和音ばっかだもん。新しい携帯は40和音だけど、相棒の副回線(家族回線)なのでアクセスは遠慮している。

しかし、そのJ研には面白い曲もあった…「冬のソナタ風森のくまさん」とは笑った。流行に抵抗する天邪鬼管理人は、冬ソナは見ていないけど「ソナタ」と名が付くと何でも音楽関係か?と思い込む癖がある。元文学少女はトルストイの「クロイツェルソナタ」も、即買ってしまった訳で…相棒も同じらしい。

Q○ハウス

○Bハウス初体験レポートです。前回ちゃんとした美容室に行き、美容に疎い管理人が降参した話題は、2004年5月27日のメモで書きました。

Q○ハウスって何? 全国に広がる最近流行の10分1000円のカットハウスのことです。10分過ぎたらどうなるの?技術のほどは?などなど疑問もおありでしょうが、まぁ読んで下さい。

まず、外から現在の混み具合がランプ表示で判ります。入り口を開けると券売機があり、千円札1枚入れてチケットを購入します。待ち人があれば、待合いベンチに掛けて待ちます。今回入った店はイスが4脚、スタッフは2名(混雑時は4名になるのでしょう)男女各1人ずつでした。

丁度、男性客1人とお子さんを2人連れた若いママが出てきたので、待つことなくすぐ席に通されました。まず、当店はシャンプーもブローもマッサージも(顔そりも)ありませんが、それでもいいですか?と問われました。もちろんOK!○Bハウスのサイトを見て、納得ずくで来ているのですから。

本当にカットと、終了後バキューム?で吸い取るだけです。その間5分〜15分、たとえ5分で終わっても500円にはならないけど、15分かかっても1500円にはなりません。大人も子どもも全員1000円ポッキリ。

技術は?まぁ、お洒落でない管理人の言う事ですから信用出来ないでしょうが(笑)、何の問題もありませんでした。やれ髪の手入れだトリートメントだスチームだイオン水だ…とヒツコイ美容室よりは、管理人的にはかなり気に入りました。

皆さんそれぞれ事情がある訳でして、本格的な理容室・美容室でゆったり過ごしたい方やお家の嫌いな方(外出したがり症候群)!?はそちらへ、時間の無い方や美容師さんとのお喋りに疲れる方&美容に興味の無い方(管理人のように…)はこちらへ、時と場合により使い分ける事をお薦めします。

行きつけの理容室のあるくりるん♂、新しいカットハウスで何と言って髪型を頼めば?の問いにくるりん♀は、今までの所で散髪後、前後左右の携帯写真を撮ってあげるから、それを見せて同じ様に切って下さいって言えばぁ?と答えました。

でも、美容師を目指している娘Bには、本格的に全て学んで欲しい(着付けまでも)…と思うのであります。(わがままやな〜陰の声)

 | ホーム |  »

プロフィール

くるりん

Author:くるりん
毎日メモしていました(過去形/笑)。クラシック・落語・ラーメン・串かつ・柴犬などを好みます。困った事に自分は自己免疫疾患(難病)、息子には発達障害。

カレンダー

08 | 2004/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

2017年 (6)
2016年 (13)
2015年 (12)
2014年 (13)
2013年 (16)
2012年 (40)
2011年 (280)
2010年 (236)
2009年 (358)
2008年 (366)
2007年 (356)
2006年 (367)
2005年 (369)
2004年 (366)
2003年 (140)
未分類 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QR

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。