毎日メモ

くるりんの気まぐれ日記(最新版)

ビオラの謎

随分以前から気になっていて、いつか毎日メモで取り上げようと思っていたのですが、遂にその日がやってきました。なぜならば、<a href="http://plaza.rakuten.co.jp/bombom26/">あやこさんの部屋</a>で話題になっているからです。

大阪の東部を走っていると、あちこちに「ビオラ」という看板を見かけます。ヴィオラ好きな管理人にとってはこの上なく嬉しいのですが、あの工場で楽器(ヴィオラ)を作っているとはどう見ても思えません。それに難しい漢字で「鋲螺」って何??の日々だったのです。

相棒に聞くと、そこら辺は昔から釘・螺子(ネジ、螺旋とも書く)・ボルト・ナットなどの生産で有名なのだそうです。この東部の町が無ければ、スペースシャトルも飛ばないとか…。ビオラとはボルト・ネジの事で、漢字で書くと「鋲螺」、正しく発音すると「びょうら」、鋲に螺旋(ネジ山)が切ってあるからなんですって!

ところで納豆…もといナット、よくボルトと間違える人がいますが、丸い輪の方がナットですよ〜。更に、ボルトをボトルと言う人もおりますが(ほんまかいな?)ボトルはペットボトルのボトルやで〜。ついでにコンセントとプラグを間違える人もいますが、壁などに付いている豚さんの鼻型のがコンセントで、電気製品のコードの先端はプラグだす。

↑このように世の中たいがいの物はオスとメスがありますが、今買い換えようとしている光学マウスのマウスにはオス・メス無いね〜とは相棒の言(大きさの違いはあるが)。では、フランス語では、このマウスは男性名詞なのか女性名詞なのか?なんと、女性だそうです、なんでだろ??
スポンサーサイト

慌てメモ

某所のハロウィンパーティに夢中になっており、自分の所の毎日メモを書くのを忘れておりました(冷汗)。

実は今日は、昼間は風邪のひきかけか?頭痛と喉痛に悩まされダウンしていました。その後、帰国した息子Bのキムチ事件、これについては又の機会に…。

今度は、くりるん♂のパソコンのブラウザ=IEが不調で(私のパソコンは快調なのでサーバーやLANが原因ではない)、今夜の某所の覆面剥しチャットに間に合うように、スペアのパソコンを急遽インターネット接続(あ、我が家のエンジニアは私です、おっほん!)。

あら、晩ご飯がまだだった〜と、鍋を焦がしながらも某所にレスを付け…ひ〜こら、ひ〜こら。では、リンクからO−bake様宅へ行ってまいります(^^)/~~

ガレがカエルに?

これまた過日、大阪は天保山(埋立地)、海遊館(むか〜し来たことあり、歩くのが辛どくて入り口で待っていた(+_+))の隣にあるサン○リーミュージアムのエミール・ガレ展へ行きましただ。

フランスのガラス工芸や高級家具で有名なガレの、没後100年記念ね。時代はアール・ヌーヴォー(新しい芸術)。管理人は歴史だけでなく美術にも疎いらしく、不透明なガラスがあることも初めて知りました。あ、すりガラス(曇りガラス)は別やけどね。

それにしても当時は、ジャポニズムって言うのかしら、浮世絵の影響を受けた作品が多くて驚き。パリ万博や当時のポスターの中に、あらあら日本の家紋が…。

ガレの作品の中では、「一夜茸」の短い生涯を具現したランプが目をひきましたが、「おたまじゃくし」の成長を壼?花瓶?に配したものも、ゾッとするくらい本物に酷似していました。改めて、蛙の子はオタマジャクシだったことを思い出したような…(笑)。

そう言えば最近、蛙をよく見ますわ。たとえば、藤田宣永の原作を映画化した「笑う蛙」。横領犯の元夫が妻宅を訪れて匿ってもらう…納戸の節穴から彼女の生活を盗み見る…何かを暗示しているような、不思議な作品でした。彼は、小池真理子さんの旦那なのよね〜確か、彼女の随筆は好きです。

井上ひさしの戯曲「国語元年」のテレビドラマ版でも、時折人々を小馬鹿にしたように庭の蛙が見ています。あ、あのお宅の坊っちゃんが、悪戯にも使うんでしたわ。

ところで、某お化け屋敷さまに駄文を提出したは良いものの、推理が難航しております。このまま覆面剥がし??まずいぞ〜、下手に推理しようものなら、罰ゲームが跳ねカエル?な〜んちって…(;^_^A

ふでがき?

一筆書きではありません、愛知は三河の幸田町の特産品でもある柿の一種です。正式名称は「珍宝柿」と言いますが、通称「筆柿」と呼ばれています、たぶん筆先の形をしているから??江戸時代から農家の庭先などで栽培されてきたとの事ですが、現在は西三河南部(幸田町、西尾市、吉良町)のみで生産されているようです。

<img src="http://www5f.biglobe.ne.jp/~kuru_rin/fudegaki.jpg">

どうりで…こんな珍しい柿、生まれて初めて見ましたもん。子どもの頃は、東北に比較的近い?こともあって山形の庄内柿(平核無、渋柿)しか食べたことがなく、九州では富有柿ばかり食べていた管理人にとって、珍しいことこの上なく…。更に、種の形に注目!庄内柿は種無しですし、富有柿もいわゆる「柿ピー」の柿の種の形にはほど遠かったのですが、今回フデガキの種を見て納得、これこそ「柿の種」の形をしているではありませんか。

筆柿は、富有柿(福岡はコレ!「完全甘柿」の仲間です…後で説明)や次郎柿(コリコリしている)より1カ月ほど早く実り甘いのが特徴で、干し柿にもできます(干し柿は、長野は下伊那の市田柿が美味しいんでないかい?)。ただし1つ大きな問題があり、筆柿は1本の木に甘柿と渋柿が成る「不完全甘柿」なのです。(甘柿しか成らないのを、「完全甘柿」と言います)ですから、渋柿を選別しなければならないのです。昔は勘に頼って1個ずつ選り分けていましたが、今は1998年に導入された光センサーによる自動渋判定機なるものを使っているそうです。

水飲むが ごとく柿食ふ 酔のあと(高浜虚子)
なんて句もあるほどで、二日酔いには柿でっせ〜。「柿が赤くなれば、医者が青くなる」という言葉もあります、身体に酔い…もとい、良いんですね。

柿食えば 酒は飲め飲め〜 二日酔い それがどうした へっちゃらだ〜い!?(某くるりん)

スウィング

過日、かねてから観たかった映画を観に某所へ行ってきました。

<img src="http://www5f.biglobe.ne.jp/~kuru_rin/festivalgate.jpg">映画館と一部の飲食店以外は閉鎖、休眠状態。

ガーン! ここはビル型遊園地?ビル内をジェットコースターが駆け巡る…海底に沈んだ古代都市をイメージした建物の中に、★映画館4スクリーンやショップ、レストラン、都市型立体遊園地などが集った複合施設でした(過去形に注目!)。

その名も「フェスティバルゲート」は、大阪市(交通局)から土地を預かった信託銀行3行が施設を建設し、運営する土地信託事業として1997年度に開業したそうですが、当初から赤字続き。3行は事業撤退を求めて大阪簡易裁判所に調停を申し立て、これが今年3月に成立したようです。これにより信託契約は先月末に解除され、フェスティバルゲートは大阪市の所有に戻ったのです。

この廃墟!?今後どうなるか?と言いますと、市の交通局は民間事業者に建物を賃貸することで施設の有効利用を図り、市も賃貸料収入を確保できるのでは?と、民間から案を募集し審査した結果、東京のオリ○クス(株)と大阪のアスクプ○ンニングセンターが共同出資する事業法人となるようです。

本当に大丈夫なんだべか〜?もう、ガラガラでした。人が少ないお蔭でトイレは綺麗(使わないから汚れない)、映画もゆったり観れましたがね。で、肝心の映画は、夫婦50割引きで(^^)v

さてその「スウィングガールズ」、高校生達は吹き替えではなく、本当に演奏していたんですってね!2003年の5月に東京都内の音楽練習場で週5日の練習を開始、中には吹奏楽経験者も居たようですが、初心者も居たらしく…。その後、2度の合宿を経て撮影開始、撮影が始まってからも練習は続いていたんですね〜感心!

吹奏楽経験者の管理人としては、わくわく〜、ドキドキ〜、息が合っていてとても上手かったです!音楽に疎くても充分笑えます、乗れます。スウィング!ん?野球のバット?!(謎)

どいつも…

連続ですみません、今度は息子の話です。今、彼は韓国へ行っています、学校の研修旅行で。まぁ、真面目に韓国の農業事情視察ってとこでしょうか。それはいいのですが、行く前に、「留守宅用行程表」という物がありまして、それを親元に送る必要がありました。ところが、郵便もFAXも待てど暮せど来ない…もう好きにせぃ!と私は半ば諦めておりました。

行程と言っても、何日にナニシ(韓国の何市)にナニシ(何し)に行くかは、以前もらったプリントで知っています。緊急時の連絡先(宿泊するホテル名)や飛行機の便名などが書いてあったらしいのですが、緊急時って何?北○鮮の核ミサイル・テポドンが上空を飛んで行くのを見た時?それは向こうから連絡くれなきゃ!

研修先まで追いかける必要のあるものは、せいぜい親の危篤とか親の死亡ぐらいでしょう。もし私が運悪く研修中に瀕死の白鳥になったら、相棒が電話をするでしょうが、肝心の連絡先がわからないので仕方なく兵庫の学校へかける…。
くりるん「あの〜、××の母親がキトクなんですが…」
学校職員「そう言われましてもね〜、今韓国なんですわ、まぁキぃトクだけ聞いておきましょ」

ところが、昨日の娘事件で寝不足の中、昨日早朝にFAXがあり、電話もあり、私は寝ていたので相棒が出ました。
息子「FAX着きましたか?」
くりるん「あ、届いたよ」
息子「では、今から行ってきま〜す」
くりるん「あいよ、気を付けて〜」

何でもいいけど、こんなギリギリに、行く直前に寄越すかぁ?と憤慨してみたものの、実は出発前の最期の会話だったりして…人生いつ何が起こるか判らないのです。

因みに、届いた行程表には食事のメニューまで載っていて、カルビ焼肉・石焼ビビンバ・キムチチゲ・ダッカルビ(ダックカルビ?)・プルコギ焼肉…キムチっぽいもんや焼肉ばっかじゃん!?

失恋

朝の4時半ごろ、枕元の携帯が鳴りました。札幌の娘でした。熟睡していた私は、今ごろ何?また腹痛か嘔吐か?と思い(前例があるので)どうした?と聞くと、別れた…と言って泣き出し、こんな状態では明日登校できない…と言うのです。

どうもさっきまで相手とメールをしていたらしく、別れ話が長引きこんな時間になったのでしょう。失恋にも種類があり、交際を申し込んだら断わられたという場合もありますが、または本人達に別れる気は無くても回りに反対されて断念する失恋もあります。

今回のは、既に付き合っていた相手が以前の彼女を忘れられなくて、その気持を引き摺ったまま娘と付き合うのは悪いと思ったらしく、傷が深くなる前に別れよう…という事だそうです。(真相は本人にしかわからない…別れる口実にそう言っただけかも!?)

で、問題は、それで学校を休んでも良いか?ということであります。私の隣りでは相棒が目を覚ましていましたし、彼は若干教育関係ですので彼の顔色も窺いました。一瞬迷いました、答えは2つに1つです。な〜にを甘ったれている!そんな下らん理由で学校を休んではいか〜ん!と怒鳴るか、よし、解った、1日だけ休んで人生についてよく考えたらいい、自分を休ませてあげたらいい…と言うかです。

もし我が身なら?こんな時間にこんな事があって、それでも朝6時には起きてご飯を食べ、しかも自分で自分の弁当も作って登校できるか?あ〜とてもじゃないけど無理です。ましてや彼女は、生活の足しや進学のために毎晩のようにアルバイトをしているのです。きっと身も心もボロボロでしょう…。

私の答えは、うん、わかった、休みなさい…でした。途端に彼女はまた激しく泣きじゃくりました。普段は強情で謝ったりしない娘なのに、ゴメンね…ゴメンね…と何度も言います。我々の会話の中には1日だけだよ…という暗黙の了解と信頼がありました。

かくして、娘は仮病を使ったのです。のち、相棒とも話し合いました。もしあの時私が登校を強いていたら、携帯を奪って娘に「休みなさい」と言ってやるつもりだったと言うのです。そうか!我々は似ているので、自分の信じた道を選べば彼もそれを支持してくれるのです。

失恋は人間を成長させる…と、失恋アドバイザー!?くりるん♂も申しております。と同時に、失恋の心配の無い私は全然成長せず、ウェストばかり成長するのであります、あはは〜。

 | ホーム |  »

プロフィール

くるりん

Author:くるりん
毎日メモしていました(過去形/笑)。クラシック・落語・ラーメン・串かつ・柴犬などを好みます。困った事に自分は自己免疫疾患(難病)、息子には発達障害。

カレンダー

09 | 2004/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

2017年 (5)
2016年 (13)
2015年 (12)
2014年 (13)
2013年 (16)
2012年 (40)
2011年 (280)
2010年 (236)
2009年 (358)
2008年 (366)
2007年 (356)
2006年 (367)
2005年 (369)
2004年 (366)
2003年 (140)
未分類 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QR

RSSリンクの表示

月別アーカイブ