毎日メモ

くるりんの気まぐれ日記(最新版)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の京の物語

どうも最近、仰向けに寝ると後頭部が圧迫され?悪夢と頭痛で不快に目覚める。以前はある理由で仰向けに寝ることはほとんど無かったのだが、最近は安心感から?無意識で仰向けになっていることが増えた。この変な頭痛、何やかや調べていたらもしかして二次性の線維筋痛症??膠原病に起因することが多いらしいが、生命科学者の柳澤さんの病名は何だったかしらん。

では昨日の、何を演じるか全く発表されていない落語会レポート。
開口一番、二乗さん:前座ネタでお馴染みの「つる」。

文我さん:「転宅」、これ確か3度目ですが、毎回少しずつ違うのでどこが違うか発見するのも楽しみの1つです。

こごろうさん:落語界では超有名なネタらしいですが、私は初めて聞いた「動物園」。相棒の話だと、創意工夫に満ちていてかなり高度だったそうです。会場にいた子どもも大喜び!

文我さん:三遊亭圓朝(1839−1900年、自作自演の怪談噺や人情噺多数、江戸落語中興の祖、二葉亭四迷にも影響を与えた)作の「福禄寿」。福禄寿とは、七福神の1人で顔の長〜い神様ね。

仲入り(休憩)

文我さん:江戸落語を上方へ持ってきた「富久(とみきゅう)」。富くじの定番は「ネの1365番」(車のナンバーやメールアドレスに1度は使ってみたい/笑)ですが、今回は違う番号。残り物の富くじを買う、久蔵さん…。そういえば「富久(ふく)」の付く日本酒、多いですね。娘・錦・長・・・
スポンサーサイト

京都〜大腹三千円〜♪

今日は、午前から高速を使わずチンタラ〜京都へ行った。1つは午後の落語であるが、もう1つの用件は京都の大学に行っている息子3の所へコタツ&コタツ布団類を運ぶ…という大仕事だったのだ。

彼の要求に応じ、あらかじめ彼の母親の所へそれらを取りに行き、ただでさえ狭い車内が極狭になること3日間!やっと荷を降ろして身軽になった。ついでに、相棒はビンボー学生に焼肉をご馳走し、彼のお腹は大きくなり、その額ウン千円!?

ネタ出しをしていない落語の題名も気になる方は気になるでしょうが、とにかく今日は120キロ運転したのでヘロヘロ〜、今夜は短めで堪忍してちょ。

撮り直し

<img src="http://www5f.biglobe.ne.jp/~kuru_rin/hina2.jpg">

これでどうでしょう? 昨日の写真(30万画素)はあまりにも汚かったので、デジカメ(200万画素)で撮り直してもらいました。管理人は手ぶれが酷く、きれいに撮れないのです(^^; 部屋がパーッと明るくなって、一気に春が到来した感じになります。これ、ガラスの入っている引き戸なんですが、廊下側…つまり裏側から見るほうが綺麗かもです!

そうそう、思い出しました。これは「布」ではなく、「タペストリー」と言うのでした。不精な管理人は加工もせずそのまま貼っていますが、本当は暖簾のように?ちゃんとミシンがけをして棒に通したりするのです。ミシンは娘に譲っちゃったしぃ…(^^;

ということで、久々にコンサートホールへラフマニノフの1番など聴きに行ってきます(^0^)/

ちょっと、うれしい?

やっと雛人形を出し…もとい、貼りました???
<img src="http://www5f.biglobe.ne.jp/~kuru_rin/hina.jpg">
携帯で撮ったので、解像度が低くてすみません。

私の雛人形は、8〜9年前に泣く泣く捨て…いえ、お嫁に出しました。1軒屋から狭いマンションへ引っ越すにあたり、家族に捨てるよう言われ…捨てるに捨てられなかったので、某市のゴミ処理所へ相談に行きました。すると係りの方が、ある施設で欲しいと言っているので持って来たらそちらへ回します…とのことで、第二の人生?を歩んでいるはずです。

娘の雛人形は、広い家でしたがコンパクトな方が出し入れが楽だろう…と祖父母にもらった団地サイズ?のケース入りでした(過去形)。牛車に至るまでフル装備で、大きなガラスケースに全員入っており、ご丁寧に?童謡♪「うれしいひなまつり」のオルゴールまで付いていました。本当に嬉しいらしく、まだ幼かった娘は1日に何度もオルゴールのネジを回していました(大人は聞き飽きたりして;^^)

ところがこれは今、祖父母宅に預けてあります。部屋が狭いのもありますが、引越しのとき業者を頼まず、ひたすら私の軽自動車で運んだため、車に載りきらなかったのです。まぁ、将来きっと本人が引き取りに行くでしょう…。

ということで現在我が家に雛人形は無く、私がだいぶ前に買った赤い布に描かれたものしかありません。これを部屋の出入り口に貼ったわけですが、相棒は布タイプの現物を初めて見たそうです。ううっ、真紅が目に染みるぅ・・・

ところで、こんなサイト見つけました(笑)
http://hero8732.fc2web.com/hinadan/ohina.html

ドーナッテんの?

今日は相棒の可愛い可愛い!?教え子たちの、めでたい卒業式でした。普段なら自転車で行きますが、今日は一応正装?だったので特別に不肖私の送迎付きです。その間、家へ戻ると車庫の重〜い扉とか階段がキツイので、外でブラブラ時間を潰すことにしました。

まずはスーパーで普通の買い物、車内の大整理!? その後、最近は滅多に行かないドーナツ店に入りました。お目当ては、冬期限定のミネストローネ・・・・・無いっ! とっくの昔にメニューから消えたようです。仕方なく変わりにチーズ入りミートボールの入ったボルシチを頼み、ドーナツも1つ…相棒がお腹を空かせて働いているのに自分だけウフフ〜。そのボルシチも、なかなか美味しかったです。

おや?私の隣の親子…二十歳前後の青年とお母さん、ドーナツ2、飲茶2、たこ焼き2、フライドポテト2…まだ食べるのでしょうか? 持たされたブザーが鳴り天津麺?を取りに行きました。ひぇ〜と思っていたらその青年、徐に箸で何かを1つずつ取り出し始めました。よ〜く見ると、グリンピース! この年になって、まだ嫌いなのでしょうか(笑)。

ところで、ドーナッツを食べていたら、急に村上春樹の本が読みたくなって…何故かわかりますか? 彼の作品には、よく「ダンキンドーナツ」が出てくるのです。私はてっきり架空のドーナツ店の名前だと思い込んでいたのですが、何と本当にある(あった)のですね!

アメリカのドーナツ店で、日本では牛丼の吉○家が一時期やっていたそうです(今は撤退した)。だってね、ミス○ードーナツはお掃除用品のダス○ンがやっているでしょ? てっきりそれらから来た造語だと思っていたのです。

で、ある時以降、本は買わない、借りる!図書館を書斎と思え!と決めて大量処分したのに、老眼で読みにくいくせに、買っちゃいましたよ〜やれやれ。

久々に…

今日は春一番が吹いたらしいですが、管理人は寝ていた!?ので知りません、いつ頃吹いたのかなぁ?? ということで本日は久々の落語、先日は駆けつけたら丁度終わったところ…というガッカリする出来事があったので、今日はたっぷり聞かせてもらいましたよ、またまた太融寺で(今年8月末で宿坊は閉鎖)。

春一番ではなく、開口一番は春菜くんで亡きお父様(春蝶氏)の創作「善哉公社」。もし、ぜんざい屋さんが国営だったらどうなるか…という有名なお話です。

あ、今回もネタは全く発表されておらず、何が飛び出すか判らない…というハラハラドキドキもの。クラシックの曲当てクイズによく似ています(笑)。お次の文我さんは、ん?「胴切り」かな?と思わせておいて実は「胴取り」、どう違うって? 切る部分が違いますわ、首か腹か…。しかし、物騒なネタも有るもんですな〜。

次は助演の宗助さんで、「天狗裁き」。これ、登場人物が多いんですね、よくあれだけの人々の声を見事に使い分けてらして感心感心。普通、人の見た夢には興味の無い人が多いですが、我が家は毎日お互いの見た夢を報告?する習慣があります、変?

そしてまた文我さんで、「大仏餅」。これは江戸落語の八代目桂文楽師匠が「袴着の祝い」「盲目の新米のおこもさん」「大仏餅」という三題をお客さんからもらって、1つの話を作ってしまった…というものです。おこもさんとは、今でいう○○○←全部伏字!のことですが、昔は今のように食べ物を粗末にはしていなかったのだ…と、改めて考えさせられました。大仏さんの開眼と、目が見えるようになった…を繋げたのもお見事。

中入り後、最後は再び文我さんで、江戸落語の「小間物屋政談」(これは志の輔さんで聞いたことアリ)を上方落語に変えた「小間物屋小四郎」。これは噺家さんの間でも賛否両論あるネタで、夫が小間物の行商途中である人とある事情で入れ替わり!?夫は死んだもの…と思い再婚したら、夫が生還。片や本当に夫を亡くして困っていた大きな店を構える小間物屋の未亡人、この人と生還した人を結婚させてめでたしめでたし…というお裁きが下るのですが、そりゃあないだろ〜、笑って済ませられる?という意見が飛び交うのであります。さて、あなたはどうでしょう?

きなこ煎餅

奈良の鹿の皮の次は、軽く京都のお煎餅とまいりましょう。最近、ある方に勧められて初めて食べた「きなこ煎餅」、それも京都祇園の「萩月(しゅうげつ)」の「きなこ煎」です。

なにこれ!?甘いのかな?と半信半疑でしたが(あまり甘いのは好きでない)、上品な黄な粉に塩味、歯の弱い人でもOKな固さ、さすが京都やな〜という味にすっかりはまりました。ただ、売っている所が少ないのね、少なくとも北海道には無いみたいです(通販はアリ)。船橋ららぽーとにも有るよ〜(意味不明/笑)

きなこ煎は24枚入りで税込み525円、そんなに手の届かない値段でもありません。家庭用に、あるいはセットで(醤油煎やサラダ煎も美味しいよ)ご進物に最適!
萩月さんのサイトはこちら↓
http://www.syugetsu.com/syugetsu.html

 | ホーム |  »

プロフィール

くるりん

Author:くるりん
毎日メモしていました(過去形/笑)。クラシック・落語・ラーメン・串かつ・柴犬などを好みます。困った事に自分は自己免疫疾患(難病)、息子には発達障害。

カレンダー

01 | 2005/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

2017年 (6)
2016年 (13)
2015年 (12)
2014年 (13)
2013年 (16)
2012年 (40)
2011年 (280)
2010年 (236)
2009年 (358)
2008年 (366)
2007年 (356)
2006年 (367)
2005年 (369)
2004年 (366)
2003年 (140)
未分類 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QR

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。