毎日メモ

くるりんの気まぐれ日記(最新版)

ぶっかけうどん

<font color="#ff0000">我が家の</font>「ぶっかけうどん」

<img src="http://www5f.biglobe.ne.jp/~kuru_rin/mm050730.jpg">

具材:大根おろし、かつお節、トマト、錦糸卵、刻みネギ、おろし生姜、かぼす(すだち、ゆず)、天かす、刻み海苔など(手前から時計回りに…)。

これに「つゆ」をジャーっと、ぶっかけて食べます。美味しすぎ〜〜〜!!!
スポンサーサイト

所変わればシリーズ?

昨日の補足を1件、コチラ http://ww6.et.tiki.ne.jp/~co-paf/morinokateinouenfuremu.html も、産地直送にこだわっている農園です(三笠メロン、限定300玉!)。

さて、メロンの話をしていたら、実はメロンで舌が痺れる相棒、メロンの代わりに?「まっか瓜」という名前を出してきました。真っ赤な瓜って何??

どうも「真桑瓜」(まくわウリ)の事を、大阪では「まっか瓜」と言うらしいのですが(赤くないのに…)、北海道ではやっぱり「カンロ」でしょ!と言うと、初耳らしく、カンロって何??ということになりました(※飴ではない)。

北海道の皆様に今さらカンロ(甘露、別名アジウリ)の説明は不要でしょうが、本州の皆様にお見せすると… こんな感じですね。http://www.rakuten.co.jp/o-kita/656440/726852/ (昔はもっと安かったような気がする…)

逆に、真桑瓜に不慣れな道産子は、真桑瓜が万葉集に登場することも知らず(恥)、のほほ〜んと暮らしていたわけです。まくわ瓜はコチラ http://www.chinjuh.mydns.jp/hakubutu/kuirejo/melon_b.htm

ほぉ〜、瓜の仲間には違いありませんが、これまた所変われば…ですね♪

みかさメロン

北海道はラベンダーの最盛期らしいですが、栽培している地域に住んでいなかったため(親戚は居る)詳しくありません。でも、赤肉メロンに関してはちょっと思い入れがあります。

有名な夕張メロンではなく、幻の三笠メロン!なぜ幻かと言うと、実は現在その名がある理由で消えつつあるからです。夕張はすっかり有名になってしまい、高級ブランド化された感がありますが、ピン〜キリ…。実際に食した感じで言うと、三笠の方が安定して甘い感じがします。

<img src="http://www5f.biglobe.ne.jp/~kuru_rin/mm050728_1.jpg">
ウチにある古い箱(^^;

そもそもは、北海道のカボチャっぽいメロン(アメリカから来た赤肉)に静岡を中心としたアールスメロン(寒い北海道では育ちにくい)を掛け合わせ、蜜蜂に自然交配させた三笠メロン…。近所に農家があったり、友達の家が農家だったり、随分ご馳走になりました。お中元にも、かなり利用させていただきました。

メロンの真価は、食べ頃に冷えた時ではなく、畑で採れたての温いのを半分に切り、カレースプーンでガツガツ穿って食べるところにあります。お〜、ワイルド〜!

しかし、子どもの頃から馴染んできたそのメロンが、最近消えた!?のであります。〒の「ふるさ○小包」からも消えました。何と…農協の合併で、三笠が岩見沢に吸収され、「いわみざわスィート」と名を変え売られているのです。

ここで要注意、じゃあ「いわみざわ・・・・」なら何でもいいわけではなく、それには2種類あります。主に三笠地区で栽培され、甘味が高くまろやかな果肉のI・K(アイケー)メロンと、果肉は鮮やかなオレンジ色でなめらかな食感ではありますが、主に岩見沢地区で栽培されているルピアレッド…これを見分ける必要があります。

明治時代からあり、昭和30年代40年代には、そうとう研究や品種改良がなされたそのメロン、地元のお店で買えばかなりお買い得です。通販で手に入れるためには、慎重に調べなければ「三笠」以外のものを掴まされます。

確実に入手するならコチラ?http://art2100.net/commodity/tomita/melin1.html

しかしなぁ、多くの人々の苦労が、名を変えることによって水の泡となってしまうのですね、悔じぃ・・・。三笠の家庭菜園(温室)で赤肉メロンを作っている人が、名前が消えるのを惜しんで、密かに自分のメロンに三笠メロン…と命名したとかしないとか。

バレンのお陰でジュース

本日は、ある事情で「バレン」を探し回るハメになり、朝からそれはそれは怒涛の日となった。

市内の包装資材や文房具を扱うお店で問うも、若い男性店員は絶句・・・慌てて店長を呼びに行った。
今度はその店長、「バラン」はこれで…と大汗。確かに食品包装資材を扱っているので、バランは弁当箱の仕切りの「草」でOK、しかし我々が必要としていたのは、あくまでも「バレン」。(ダニエル・バ○ンボイム〜/意味不明)

やおら思い出したらしく、ほれ、竹の皮で包んだ・・・正解!版画の時に使うアレです。しかし、そのお店には置いていなく(彫刻刀も無かったらしい)、ホームセンターなら有ると思いますとのこと。

えっ、ホームセンター? 素直でない管理人は、まさか〜やっぱバレンは文房具屋さんでしょ〜と、相棒を文房具屋へ連れ回すも、無い…。こないだまであったんだけどね…と、お店の人、こないだって3年前かい? 最近の小中学校の様子が判らないのだけど、図工で彫刻刀を使うのは辞めたのかな? 教室で振り回す子がいて危険だとか何だとか…変な時代になったもんだ。

更に今は、版画を彫る年賀状の季節でもないので、あちこち品切れだとか、置いていないとか(泣)。最後の賭け?で、最近できた?ある大型店へ行ったら、何とその中にホームセンターが入っており、「代用バレン」ゲット!120円、本物のバランは素材が違い、値段も違うそうね〜。

<img src="http://www5f.biglobe.ne.jp/~kuru_rin/baren.jpg">

やれやれ〜。そこでもう1つ、先日から妙に気になっている飲み物があり、マウスで絵日記を書かれるEさんの2005.7.21に登場する「ど10−るコーヒー」の<a href="http://fukumamegaho.com/blog2/archives/2005/07/post_207.html">フレッシュジュース!</a> H♪さんもお勧めのフレッシュジュース! 気になる、気になる…我々は検索の結果、市内にはココ1ヶ所しかお店が存在しないことも確認済み。なんて田舎なんだ・・・

つまり、今日を逃したら2度と飲めないかも?! 怒涛の日を労い「バレン」ゲットのお祝いに、ドトウのオレンジとグレープフルーツを1つずつ注文、よし、これで2種類同時に飲めるぞ〜。

<img src="http://www5f.biglobe.ne.jp/~kuru_rin/do10ru.jpg">

お店の雰囲気も、ジュースも大満足! 今日はちょっぴりEさんH♪さん気分になった、くりくるでした。

チケットその3

次は、<a href="http://www.snf.co.jp/index2.html">フェリー</a>のチケット予約でした。9月の第4土日に札幌で用事があるため(娘の所にも行きたい)、レンタカーを借りるよりは家から車で行った方が良かろう…と、初めての日本海!京都の舞鶴⇔小樽往復です。

以前は、何日もかかったんです。しかも太平洋側と違って揺れる…、安さは魅力的でしたが気の遠くなる長旅。ところが、昨年の7月から何と20時間で行けるようになったんですね〜。舞鶴までも、ウチからだと高速で行けるし。

しかも、ペア88プラン(成人男女の年令の合計が88歳以上だと3割引♪成人男女って不倫でもいいのかな?60歳の母親と28歳の息子とか…)を使えるので、助かります。因みに我が家は現在98歳、来年は晴れて100歳で〜す。

ただし同じ個室(ツィン)でも、足が悪い為トイレと洗面所は必須なので少し高い部屋になってしまいました。別に、テレビもテラスもバスも不要なのにさ…。

問題は日程です。9月のセンチュリーの定期を聴いて、翌々日船に乗って、着いたら札響の定期を聴いて・・・帰りは1週間後、センチュリーのアジアオーケストラウィークに間に合うように帰って来ようと音楽三昧の予定を立てていたら、ガーン! 金・土はペア88プランが使えないんですって。仕方なく、金曜に行って金曜に戻るのを諦め、木曜に行って木曜に戻るコースに変更しました。

つまり・・・、水曜日の夜にセンチュリーの定期を聴いていたら、木曜の深夜1時に出る船に間に合わないのです(大泣)。

チケットその2

じゃあ、23日の午前は何をしていたか?と言うと、学祭で登校日の娘に頼まれ「スキマ・・・・」のチケット争奪戦。受け付け開始前から、片手に家電、片手に携帯。もちろんリダイヤルは使わず、その都度入力する。

悪戦苦闘すること1時間半、やっと繋がったと思ったらウチの電話、ダイヤル回線なのかしら?プッシュフォンなのにトーン信号を認識しないらしく、没!

その後、今度は携帯でやっと繋がるも、完売!一応キャンセル待ちの予約(抽選)は入れたものの…。来年からは先行予約で何とかしますm(__)mと、娘から詫びメールあり。まっ、しゃあないな。

それにしても、入手困難チケットをゲットする方法…とか何とかいって、各種裏ワザがネット上には漂っておりますなぁ。ファンクラブに入っていてもチケットは抽選というのだから、倍率は相当高いらしい。

しかし今回、<a href="http://eee.eplus.co.jp/index.html">「e+」</a>チケット(オークションやダフ屋のチケットと違い、平均プラス1000円ぐらいでゲットできるのが魅力)が設定されていなかったのはショック。全国ツアーの各地で設定されているのに北海道だけだよ、札幌は甘いな〜。つづく

チケット3題

まず23日は、Y田さんのご好意でハイドンアンサンブルへ行くはずであった。ところが!昼過ぎから下腹痛が…食中毒ではなく、女性特有の。

理由は心当たりがある。かねてより、ステロイド常用による不順・内膜増殖症と言われており、このたび婦人科から人工的に周期を作る中容量ピルが処方されたのだ。

過去にも、これで痛い目にあった。と言っても何故か1ヶ月おき、中1日(24時間)だけの発熱・激痛である。ところが今回は、前代未聞の丸々3日間連続発熱・激痛でのたうち回り、相棒には散々迷惑をかけたし、隣で唸って(浪花節ではないぞ〜)寝不足にもさせた(しまいには枕とタオルケットを持って別室へ避難してしまった…)。

さらに楽しみにしていたハイドンアンサンブルと、太融寺の落語に行けなかったのだ(T_T) ハイドンに関しては、急に代わりの人を見つける余裕もなく、相棒1人で行ってもらった。空席を作ってしまい申し訳ありません、しくしく…。つづく

 | ホーム |  »

プロフィール

くるりん

Author:くるりん
毎日メモしていました(過去形/笑)。クラシック・落語・ラーメン・串かつ・柴犬などを好みます。困った事に自分は自己免疫疾患(難病)、息子には発達障害。

カレンダー

06 | 2005/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

2017年 (5)
2016年 (13)
2015年 (12)
2014年 (13)
2013年 (16)
2012年 (40)
2011年 (280)
2010年 (236)
2009年 (358)
2008年 (366)
2007年 (356)
2006年 (367)
2005年 (369)
2004年 (366)
2003年 (140)
未分類 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QR

RSSリンクの表示

月別アーカイブ