毎日メモ

くるりんの気まぐれ日記(最新版)

ウェスト側

もう既に皆様ご存知でしょうが、厚生労働省は、
『2008年度から40歳以上の人が受ける新しい健康診断の検査項目と判定基準が26日、固まった。内臓脂肪の蓄積に高血圧や高脂血、高血糖が重なり生活習慣病の危険性が高まる「メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)」の考え方を導入したのが特徴で、これまで実施していなかった腹囲(へそ回り)の測定を必須とする。(以上、共同通信より)』と発表しました。

腹囲は必須って、ああたっ! たぶん、多くの女性は嫌がるんじゃないかなぁ。。。
そう言えば昔、女子中高生の胸囲測定ってありましたよね。あれも非常に嫌だったのですが、いつの間にか無くなったんですよ〜!(娘と元高校教師が言うから本当でしょう)あれって、何の意味があったのだろう?! 脅威の胸囲測定…な〜んちって。。。
スポンサーサイト

昔遊び

もしかして雪国の室内遊びなのでしょうか? 新潟・東北・北海道で確認できていますが、他の地域は?? かなり昔の遊びと思われます(私は子どもの頃これで遊んだのですが。。。※年齢を誤魔化してはいませんよ/笑)

竹の棒(8本前後? 約1センチ幅で長さは20センチぐらいでしょうか、着色された物も文房具店で売っていました)を空中で回転させたり、手の甲に載せてトントントン…と落としていったり、ひっくり返したり…。

その遊び(又は玩具)を「竹割り」と呼んでいましたが、地方によっては「がっき」と呼ぶ所もあるようです。<font color="#FF0000"><a href=http://www.tnc.ne.jp/oasobi/oasobi02/25lilyyarn/01.html>リリアン</a>経験者</font>の関西人くりるん♂ですら、それは全く知らないそうです。あれはいったい何だったんだろう? 竹割りの出身地や分布は? 正式名は? 今はどうなってるの??

落語土゛筆

★本日の落語in京都
まん我さん/「書割盗人」(江戸では「だくだく」) 新バージョン?以前聞いたのからかなり進化していました♪
文我さん/「犬の目」
米平さん/立体紙芝居「怪人二十面相」 ラッキーな事に新作…7作目を聞けました、双眼鏡持って行けば良かった〜。
文我さん/「妲妃のお百(だっきのおひゃく)」(江戸の「峯吉殺し」) 上方では非常に珍しいです、この「妲妃のお百」と「地獄八景亡者戯」って意外な関連性があるの?! 知りたい方は、明日、紀伊國屋ホールへ行きましょう♪
中入り(満員御礼で暑い暑い。。。)
文我さん/「胴乱の幸助」 確かに京都が出てきます、柳の馬場押小路…(今でもあるみたいですね、この地名)。

宣伝!(噺家さんはもちろん、名前を知っている絵本作家がぞろぞろ?登場します、必見〜!)
NHK教育テレビ てれび絵本「えほん寄席」シリーズ(全10回) 朝7:30〜35

6月5日(月) まんじゅうこわい
落語:桂米平 絵:山崎英介 

6月6日(火) んまわし
落語:桂文我  絵:荒井良二

6月7日(水) やかんなめ
落語:柳亭市馬 絵:下谷二助

6月8日(木) さらやしき
落語:桂平治 絵:柳原良平

6月9日(金) たいらばやし
落語: 桂平治 絵: 藤枝リュウジ

6月12日(月) 池田の猪買い
落語:桂米平  絵:宇野亜喜良

6月13日(火) たぬきのサイコロ
落語:柳亭市馬 絵: 長谷川義史

6月14日(水) あたごやま (愛宕山を5分で演るとどうなるの?!)
落語:桂文我 絵: 彦すけあ

6月15日(木) 大安売り
落語:柳亭市馬 絵:長野ヒデ子

6月16日(金) めがねやどろぼう
落語:桂文我 絵:灘本唯人

番組表:http://www.nhk.or.jp/kids/tv_ehon/program.pdf(脚本と音楽?は全部文我さん!)
ハリネズミのくるりんって。。。あたしの事ではありません(汗)

赤い靴〜♪

最近、家の中で、1ミリ以下の赤い蜘蛛?を見かけます。つぶすと真っ赤になるので、血でも吸われたか?と思うのですが、どうもそうではないようです。こやつ、蜘蛛ではなく、実はダニの一種! タカラダニという名前だそうで。

写真、見る? 虫の嫌いな人は見ない方がいいですよ(`▽´) → <a href=http://www.pref.aichi.jp/iryofukushi/kinuura-hc/kankyo_eisei/mushi/mushi.html#takaradani>赤い不快害虫</a>
こちらは文章だけなので安心(笑) → <a href=http://www.afftis.or.jp/QandA/box/mon/mon75.htm>赤い虫に関するQ&A</a>

家の中で発生するのではなく、外! で、コンクリートの塀や、コンクリートの壁を伝って上がってきてベランダにうようよ〜、洗濯物に付き、室内にも入ってくる仕組み。私は種々の理由で洗濯は外に干さないタイプなのですが、それでも窓からそやつは入り込むようで…。

うち、30年前にしては珍しく?コンクリートの一軒家なんですぅ。。。 不快と言っても特に悪さをするわけでなく、放っておいてもそのうちに消えるので我慢しているのですがね。室内、特に台所で殺虫剤は使いたくなく…。

なんだか痒いような気がするのは、気のせいだに?!

猫づくし?(ちょっと違うな)

先日、谷2(谷町2丁目)のギャラリーで行われた<a href=http://nekonokuni.jp/>KONPEITOさん</a>の個展「ようこそ猫の国へ・2006」(今回のテーマは学校)。

そして今日、梅田の教会で行われた<a href=http://floten.exblog.jp/>猫田さん</a>達のリコーダー演奏会。

どちらにも共通して言えることは、「大盛況」と「猫」(笑)。

教会という建築物?の響きを利用?してのコンサート、聴き惚れて写真取り忘れました…<a href=http://www1.odn.ne.jp/~higashiumeda/reihaidou03.JPG>礼拝堂内部</a>です。

中身の濃い「プネウマ」さんのプログラム:
ホルボーン/パヴァーヌとガイヤルド、アルマンド
ヘンデル/6つのフーガより
ラッスス/もし汝に
ガブリエリ/7声のカンツォン
ホルスト/組曲「惑星」より ジュピター
シャイト/隣人ローランド
休憩
《楽器紹介》特筆すべきはコントラバスリコーダー!(管というよりは箱!?)
わらべうた/リコーダー四重奏のための ずいずいずっころばし
バッハ/カンタータ第46番〜アリア「されどイエスは」
バード/パヴァーヌとガイヤルド
フォーレ/パヴァーヌ
ワーク/大きな古時計〜モーツァルト風〜
モーツァルト/ディヴェルティメント第11番ニ長調K.251

良かった曲に○印を…というアンケートがありましたが、全部良かったのでパス(笑)。
それから、昨年も感じたのですが、無料はいけません! せめて1人300円ぐらい入場料徴収しませんか?<a href=http://ah4.or.tv/>いき楓さん</a>♪

甘くない話

最近ちょっとはまっているお菓子?がありまして(←自分で作るのではなく市販品)、<a href=http://www.sunlavieen.co.jp/products/fruits_cake/brandy_cake.htm>コレ</a>です(※私は酒飲みではありません、念のため…)。たぶん、日本全国普通のスーパーで普通に売られていると思うのですが。。。

以前からちょっと気にはなっていたのですが、いったいどこの誰が作っているの? 調べてみてビックリ、都会ではなく岡山県の郡部、しかもワタクシ的には全然知らない会社…。そんでもって、最初からお菓子会社だったわけではなく、初めは何と「鉄工所」。

途中何があったのかなど全く存じませんが、食べる人にしてみれば、美味しければ何でも良い!? 特にモンドセレクションを受賞しているフルーツケーキ、前出のブランデーケーキは、さすが金賞だけあってしっとりしていて文句なし♪

何でも、その道を極めるのは難しいなぁ〜というオチの無いお話でした。

お後をお楽しみに(意味不明)

★本日の生演奏:センチュリー交響楽団(我が愛する…という形容詞を付けたい/笑)
R.シュトラウス/町人貴族
ベートーヴェン/交響曲第3番「英雄」

またまた至福のひと時を過ごさせていただきました♪
統廃合などという戯けた話が出ている中、少数精鋭主義のセンチュリーならではのプログラム(先月の「英雄の生涯」の続き!?)。R.シュトラウスがお得意な小泉氏にピアニストは迫さん!コンマスは<a href=http://www.ohara.or.jp/200505/jp/4_info/data/g_c.htm>アミーチ・クヮルテット</a>のメンバーでもある川崎さん!な〜んて贅沢な組み合わせでしょう!
コンマス氏に関しては、6歳からヴァイオリンを始めて13歳で初コンマス…なんて話も拝見しました。才能ですね〜〜

恥ずかしながら、町人貴族は初めてでした。コンマスお2人の後ろに第2ヴァイオリン(第1Vnの2プルトは別な列)、最近は木管フルートをお使いのN山さんがこの曲では金属管…などと、配置や楽器にも注目。なんて言うのかな、快楽主義のわたくしとしましては、心底楽しめる瞬間が多ければ多いほど高揚するのね、とっても幸せでしたよ♪

「英雄」は、たぶん最初に聴いたCDの録音がすごーく悪かったせいか?長〜いだけで面白さや美しさがイマイチ解らない曲として、長いことお蔵入り?していました(大作曲家に対して非常に失礼)。本当は凄い曲だったんだ。。。ということを再認識できる素晴らしい演奏ね。これまた幸せ〜♪

 | ホーム |  »

プロフィール

くるりん

Author:くるりん
毎日メモしていました(過去形/笑)。クラシック・落語・ラーメン・串かつ・柴犬などを好みます。困った事に自分は自己免疫疾患(難病)、息子には発達障害。

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

2017年 (5)
2016年 (13)
2015年 (12)
2014年 (13)
2013年 (16)
2012年 (40)
2011年 (280)
2010年 (236)
2009年 (358)
2008年 (366)
2007年 (356)
2006年 (367)
2005年 (369)
2004年 (366)
2003年 (140)
未分類 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QR

RSSリンクの表示

月別アーカイブ